あの10万円金貨、今のお値段は

バブル時代の象徴は今

金1g当時1900円、今20gの金買取のお値段は

金は昔から大変価値のあるものとされてきました。しかし、金は相場で価格が決まるため、金の価格については常に変動しているということになります。ですから、何十年も昔と今では金の価格は大きく異なる可能性があるということが言えます。例えば、金1g当時1900円であった時代もありますが、現在は1グラムおよそ4500円程度となっています。1グラム当たりでみるとそれほど差はないように思われますが、これが1キロ単位、あるいは10キロ、100キロ単位になってくると価格差が大きくなってくることがわかります。もし、かなり前に金を購入していれば、資産が何倍にも増えていた可能性もあるということです。

しかし、金はもっとも安全な資産といわれていますが、当然ながらリスクが全くないわけではありません。例えばバブル景気の頃に金をたくさん購入していた人は、今は金の価格が下がってしまっている可能性もあります。できれば、金の値段が安定している時に購入するということが、安全な資産形成につながります。また、株や債券などを保有している場合は、金を購入することによって、他の資産価値が減少したとしても、金がその資産価値の減少の歯止めとなってくれますから、リスク管理のために購入するといったことも考えられます。仮に通貨が下落した時でも、金は世界中の通貨と交換可能ですから、通貨下落のリスクに対しても対応することができます。貨幣価値は紙くずになってしまう可能性もありますが、金の価値がゼロになるということはほとんどありえません。しかし、金を一気に購入するのではなく、例えば定期的に20gずつ購入していくなどの方法があります。20gずつであれば、一気に1キロ単位で購入するよりも、より価格が下がっているところで購入できる機械が増えます。これは株や通貨の購入の際も同様に、少しずつ安いところで購入することによって、金全体の購入価格を平均的に下げるという方法です。

そして、金の購入価格よりも相場の価格が上昇したら、売却するタイミングがくる可能性が出てきます。金を売却するには金買取業者に依頼する方法があります。多くの金買取業者の場合、金1グラムいくらという価格を提示していますから、自分の金が今現在いくらで売却できるかといったことがすぐにわかるようになっています。しかし、金買取業者はたくさんあるので、なるべく信頼のおける実績のある金買取業者に依頼する方が良いでしょう。ネットでの金買取業者の評価なども参考になるので、調べてみるよと良いでしょう。

Copyright(C)2015 あの10万円金貨、今のお値段は All Rights Reserved.