あの10万円金貨、今のお値段は

バブル時代の象徴は今

金買取と金貨。910万枚が引換えられ、未引換90万枚の硬貨。

金買取では様々な金製品が取引の対象として扱われていますが、そうした中でもよく取引の対象となるのが貨幣です。 金や銀、銅といったような様々な素材によって作られる貨幣は常に取引の対象として扱われるようになっており、プレミアがついているような貨幣はその額面以上の価格で取引されることもあります。 日本という国の金買取で取引される貨幣にもこうした貨幣はよく取引されているのですが、こと金貨ということでいうのであれば、特に有名なものが「天皇陛下御在位六十年記念硬貨」と呼ばれるものです。

これは1986年、昭和天皇の在位60年を記念して発行された記念硬貨であり、10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨の三種類が作られました。 この貨幣は当時の日米間で発生した貿易摩擦をアメリカから金を大量購入することによって打開しようとする意図もあったとされており、223トンの金を購入した末に作られたため、発行枚数も膨大になっています。

金買取においても特に取引されやすい理由がまさにこれです。 史上最高額の硬貨となった10万円金貨の発行枚数は1000万枚となり、非常に高い人気も相まって当時の日本ではこの貨幣に対する高い需要が生まれることとなりました。 欲しがる人が後を絶たなかったために抽選券までが発行される騒ぎとなりましたが、その騒ぎが逆に「追加発行を予定している」という話題に転じてしまったのです。 そして実際に引換えが行われる日になってみれば訪れる人はまばらであり、予定していた1000万枚のうち実際に引きかえられたのが910万枚、未引換90万枚という結果になってしまいました。 事前の話題の通りに追加発行もされましたが、これはプルーフ貨幣として、長期保存ができる特殊加工がされたものとして製造されることとなりました。

さて、910万枚の硬貨は今でも日本の中に流通をしているわけですが、では残りの90万枚はどうなったのでしょうか。 これは全て回収されたのち、鋳潰されて別の貨幣の材料になったり、またただの金として市場に流入していくこととなったのです。 もともと想定されていた1000万枚という発行枚数を大きく下回る結果となりましたが、その流通量は現代でも膨大です。

一見するとこうした記念硬貨などは金買取でも高値で取引されるようなイメージがありますが、実際にはこの天皇陛下御在位六十年記念硬貨については金買取で高額取引がされるということはほとんどありません。 流通量が膨大すぎたため、プレミアの付けようがないのです。 とはいえ、こうした記念貨幣はその時の社会の情勢に応じて限定的に発行される貴重品、限定品であるということには変わりませんから、自宅にあるというような場合には大切にするとよいでしょう。

Copyright(C)2015 あの10万円金貨、今のお値段は All Rights Reserved.