あの10万円金貨、今のお値段は

バブル時代の象徴は今

金買取と金貨。1000万枚製造、額面1兆円の金貨は今。

金買取では様々な金が買取の対象となっており、比較的よく取引されることとなるのが「金貨」です。 金で鋳造された金貨はそれぞれの金の含有率によって価格が算出されたうえで、金買取で取り扱われることになっています。

金貨は世界中で古くから利用されていたものであり、現代になっても記念硬貨などでよく金貨が鋳造されています。 日本国内で比較的最近に鋳造された金貨として有名なのが「天皇陛下御在位六十年記念硬貨」と呼ばれるものです。 これは10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨の三種類が鋳造されましたが、金買取において特に取り扱われることが多いのが10万円金貨です。 当時の日本政府が発行したものであり、現代とは状況が違っていたとはいえ、額面としては10万円なわけですから、10万円の価値がある貨幣として取り扱われるようになっています。

この金貨の素材は99.99%の純金であり、その質量は20グラムです。 発行当初は記念硬貨であるということと、今後プレミアがついて価値が上がるという読みがあったために多くの人が購入しました。

ではこの天皇陛下御在位六十年記念10万円金貨の価値はいまどうなっているのでしょうか。 これは残念ながら当初の読みのようにプレミアが付いているということはほとんどありません。 そもそもこの記念硬貨の発行量は非常に多く、市中に流通したものは総計1000万枚、額面1兆円にも上ります。 もちろん1000万枚の全てが現在でも流通しているというわけではありませんが、それでも相当数が現在でも流通しているのです。 品質の良いものであったとしても、プレミアを理由とした価値がつくことはほとんどないでしょう。

またこの金貨に含まれている金が20グラムであるということも、この金貨が額面以上の価値を持たない理由のひとつです。 20グラムの金が10万円になるためには1グラムあたり5000円で取引されなくてはならないのですが、1973年以来、金の1グラムあたりの価格が5000円を上回るということはほとんどありませんでした。 2013年の最高額で5084円でしたから、その時に関しては20グラムで101,680円となって額面を上回ったのですが、その例外を除いた現代の金価格で計算をすると、基本的に10万円以下の金しか含まれていないということになります。

そのため金買取に出された場合であっても、10万円以上の価値を持つことが無いのです。 当時は財テクとして購入する人が多かったのも事実ではありますが、残念ながら金買取で10万円を超える価値になるには、今後さらに金相場が高騰するか、可能性は非常に低いですが流通量が大きく減ってプレミアがつくかのどちらかしかないでしょう。

Copyright(C)2015 あの10万円金貨、今のお値段は All Rights Reserved.